お風呂でばったりエロハプニング!ちづると瀬名の急展開の保護者失格。一線を越えた夜第二話をレビュー

「保護者失格。一線を越えた夜」第2話の紹介です!

第1話で、飲み慣れないお酒を煽って倒れてしまった主人公・ちづるを心配そうに介抱していたちづるの叔父こと瀬名さん。

第2話はちづるが目を覚ますところから始まります。

 

<目を覚ましたちづるに瀬名さんは・・>

なにやら少し怒っている様子の瀬名さん。

ちづるが心配だったんでしょうねー・・(/_;)

 

でも優しい瀬名さんはすぐに許してくれます。

ただ、「どうしてそんなことをしたのか?」と・・。

 

ちづるは瀬名さんの会社の同僚にいわれた言葉を思い出します。

会社でもモテるらしい瀬名さん。

 

ちづるは、瀬名さんに結婚するような相手がいるんじゃないか気になっているんですね。

それでも、本当の自分の気持ちをいえずに叔父さんの幸せを考えるちづる。

 

瀬名さんが結婚しちゃったら、一人ぼっちになってしまうのに・・・

とっても健気です(;O;)

 

ちなみにこのお話で瀬名さんの年齢が発覚!

 

<瀬名さんを男性として意識するちづる>

このお話、つきのおまめ先生の描くチビキャラがとってもかわいくて、ちづるの一生懸命さをいっそう引き立てているんですよ~。

そんなちづるの想いが報われる日はいつ来るのか?!

 

ちづるにとって、瀬名さんはもう叔父ではなく男の人なんでしょうね~。

瀬名さんを意識しまくるちづるに対し、瀬名さんはまだちづるを意識していない様子。

ショックをうけるちづるですが、瀬名さんがどう思っているのかまだまだわかりません。

 

瀬名さんは大人なだけあって、なかなか本音がみえませんからね!

本当にちづるのことを何とも思っていないのでしょうか?

はたまた瀬名さんもちづるのことを・・?

 

早く瀬名さんの本心を知りたい~!という方に必見!

そろそろ瀬名さんの動揺が見られそうな展開がきそうですよ♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ