「保護者失格。一線を越えた夜」第五話のご紹介

「保護者失格。一線を越えた夜」第5話の紹介です。

本作は幼い頃に両親を亡くしたちづるが、引き取ってくれた叔父である瀬名さんに想いを寄せるストーリー。

子ども扱いされるちづるの心が切ないながらも、瀬名さんの包容力が魅力でかなりやられちゃいますよ。

 

<大学の友人・吉村くん登場>

買い物帰りのちづる。

昨晩のことを何もなかったかのように瀬名さんに振舞われ、落ち込んでいる様子です。

ぼーっとしてたら買い過ぎてしまったちづる・・か、かわいい(*^^*)

ここで同じ大学の吉村くんに遭遇。

吉村くん、イケメンです!

しかも買い物した荷物を持ってくれるちょー優しい男の子。

絶対モテますよね、彼。

ちづるをどう想っているのか描写がありませんが、そこも気になります。

 

<他の男といるちづるに、嫉妬する瀬名>

他の男って、もちろんイケメン吉村くんです。

荷物持ちをしてマンションまで送ってくれた吉村くんと、たまたま早く帰宅してきた瀬名さんがバッタリ出会います。

 

一見クールに返したつもりでしょうが。瀬名さん、嫉妬してます・・!

ちづるが吉村くんに抱かれてしまうんじゃないかと焦っている様子。

 

こんなに早く瀬名さんの嫉妬した姿がみられるとは。

ありがとう、吉村くん<(_ _)>ペコリ

 

いつも穏やかな瀬名さんだからこそこういう嫉妬が萌えますよねー。

瀬名さんのちづるに対する気持ちがじわじわとみえてきました!

 

かなり気になる終わりになっていますが、嫉妬した瀬名さんはどうでるんでしょうか?

早くつづきが読みたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ