「保護者失格。一線を越えた夜」第10話のご紹介

保護者失格。一線を越えた夜の第9話で、明日の休日は空けておくようにと瀬名さんにいわれたちづる。

瀬名さんが行きたかったのは、ちづるの両親のお墓参りでした。

 

休日のちづるの格好もまたかわいいですね~。

ちづるの頭をみるとナデナデしたくなっちゃう気持ち、わかります(#^.^#)

 

すると、そこにちづるの携帯へ電話が。

ディスプレイに表示されたその名前は・・イケメン吉村くん!

 

いや~吉村くん、また会えるんですね。

私はかなり好みなのでうれしいですよ(*^。^*)

 

けどちづるは一途ですからね~瀬名さんしかみえていません。

吉村くん、ここで退場になるんでしょうか?

最後までいい人でしたよ、吉村くん。

 

<落ち着いた様子の瀬名さん>

これまでは、ちづるの前で大人の余裕を出しながらも、ちづるの誘惑や吉村くんの登場に徐々に動揺をみせてきた瀬名さん。

大人という仮面が、すこしずつ剥がれてきていました。

 

が、今話ではなにやら余裕を取り戻したようにみえる瀬名さん。吉村くんからの電話にも、動じない感じでした。

それは瀬名さんの考えていることにつながっているんでしょうか?

 

ちづるの両親のお墓参りではどんなことが待っているのか気になりますね~。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ